黒岩の眼

「いったんリバウンドも、戻り売りの好機」

 昨日の米国株式相場は上昇。ダウ工業株30種平均は90.68ドル高の15928.56、ナスダック総合指数は14.35ポイント高の4097.96となった。また、シカゴ日経平均先物(円建て)の清算値は15140円。したがって本日の東京株式相場は買い先行の展開を想定。いったんリバウンドを試すものと思われる。
 
 株価が上昇したのは、トルコ中銀が緊急で大幅利上げを実施したから。これによってトルコリラが対ドルで上昇しており、新興国通貨下落への懸念が後退。リスクオンの姿勢が再び強まった。
 
 また、外国為替市場では、円相場が1ドル=103円台に下落。東京市場では輸出関連株中心に楽観的な見方が広がり、買いが優勢となりそうだ。
 
 日経平均の日足チャートでは、上方の窓(15109.68円-15288.32円)を目指す展開となりそう。いったんリバウンドを試すことになり、どこで上昇が止まるのかが注目ポイントとなる。

 ただ、基本的には「軸下向き」であり、リバウンド局面は戻り売りの好機となる。ローソク足では陰線を引きやすく、買い一巡後は急速に上値が重くなるだろう。

 今の相場は下方の窓(14599.53円-14665.75円)を目指す順番である。短期的には380円ほどの下落余地があり、寄り付きで200円ほど上昇すれば、その瞬間に下落余地が580円程度に拡大する。「妙味のある売りポイント」ということになり、売り方はポジションを積み増すチャンスであると言えよう。

 株価の上値が抑えられそうなのは、今晩、米FOMCの結果発表を控えているという理由もある。市場では「証券の買い取り額を100ドル減額する」との見方が優勢であり、それなりの警戒感があるからだ。つまり、FOMCの「イベントリスク」が非常に大きく、FOMC発表前に警戒感が広がりやすいのだ。「テーパリングの有無」という結果よりも、イベントとしての不透明感の方が、投資家に嫌がれているのである。

 ただし、一点だけ注意が必要だ。本日の寄り付きで窓を空けて上昇し、終値ベースでもそれをキープした場合には、一連の下落相場は終了したと認識しなければならない。軸下向きのときに「窓空け上昇」は滅多に起こらないからだ。


「急反発も、リバウンド相場は長持ちせず」

 本日の日経平均は307.85円高の14396.04円で取引を終了した。朝方から買い先行となり、後場に入ってから一段高の展開。先週末の急落に対する反動が出たほか、為替市場で円高が一服。中国の金融引き締めリスクも後退し、市場には買い安心感が広がった。
 日経平均の日足チャートでは、強気のはらみ足が出現。底入れ感、調整一巡感の強いチャート形状であるが、明確な強気シグナルは出現していない。「窓・壁・軸理論」では“目指すべき窓”が存在しておらず、窓の引き寄せる力には期待できない。買い一巡後は軸の傾きに従って下落する公算が大きく、このリバウンド相場は長持ちしないだろう。

 「間違った使用法」
 電池を長持ちさせようと思ったら、冷やせばいい。そう思って冷蔵庫なんかに入れたら、大間違いだ。結露して回線がショートしてしまう。高温はダメだが低温もダメ。論語のなかで、「中庸の徳」という言葉もあるくらいだ。適当な温度が良いのである。
 今のリバウンド相場は間違った使い方をした電池みたいなもの。アベノミクスというイカサマ経済学がベースとなっており、完全に「取扱ミス」だ。携帯が圏外になるか、それとも電池切れか。いずれ通話はできなくなるだろう。


「引けにかけて切り返すも、軸は下向きのまま」

 本日の日経平均は60.36円高の14486.41円で取引を終了した。朝方は売り先行となったものの、午前11時前に発表されたHSBCの中国PMIが50.9と発表されると、いわゆる中国リスクが後退。買い戻しの動きが優勢となった。また、引けにかけては円安・ドル高を受けて、買いの勢いが強まる状況。日経平均は高値圏での終了となった。
 日経平均の日足チャートでは、ローソク足の組み合わせで差し込み足が出現。調整一巡感の強いチャート形状であり、早くも弱気相場は終了したように見える。
 実際、下方の窓(14200.31円-14320.30円)を一部埋めており、窓の引き寄せる力が半減。それが引けにかけての切り返しにつながったともとれる。ローソク足では下ひげが出現しており、これが押し目買い意欲の強さを示している。

「泥のなかから何が出てくるか?」
 やっぱりカーナビに表示していない道は進めないということだ。簡単に押し返されており、とりあえず田んぼの中に突っ込んでしまった。これは単なる泥遊びではない。すぐに上がれば事なきを得るが、永遠に泥の中に入っていたら、そりゃ手足はふやけるだろう。泥のなかから何かに引っ張られているかのようであり、本当の恐怖はこれからである。泥のなかから何が出てくるか?これが見物である。


「遅れてきた米雇用統計、無難に通過か」

 本日の日経平均は19.68円高の14713.25円で取引を終了した。朝方は安く始まったものの、市場には不安要因が少なく、徐々に下値を切り上げる形となった。ただし、上値を積極的に買い進む材料は乏しく、上昇幅は極めて限定的。連日、薄商いの閑散相場が続いている。
 日経平均の日足チャートでは、連日で小陽線が出現。上昇相場が継続していることを示唆しており、特に強い天井到達感は出ていない。昨日の上昇ですでに上方の窓上限(14699.21円)に到達しており、窓の引き寄せる力は消滅。それでも上値模索の動きが続いていることから、軸は明らかに上向きであると言える。上方に目標となる窓は存在していないが、しばらくは上値模索の動きが続くだろう。

 「蛭子さんの路線バスの旅だって・・・」
 今のカーナビはGPSが発達しているから、そんなことにはならないのだが、昔のカーナビはよく田んぼや畑、住宅街のなかを走りまくっていた。「俺、山ん中走っているよ!」などと喜んだものだが、今のカーナビでそれが起こったらクレームものである。
 でも、株式市場では今、その道なき道を株価が進んでいる。アテもない旅をしているのである。蛭子さんの路線バスの旅だって、そんな無計画ではない。


「上方の窓上限に到達も、軸上向きは継続」

本日の日経平均は132.03円高の14693.57円で取引を終了した。朝方から買い先行となり、その後は上昇幅を拡大させる展開。買い一巡後は伸び悩む場面もあったが、総じて堅調な値動きとなった。
 日経平均の日足チャートでは、再び窓を空けて上昇。「窓理論」でも買いサインが点灯し、強気相場が継続していることを示唆している。やはり「軸は上向き」であり、上昇しやすい状況と言えよう。外部環境に何も変化がなければ、このまま上値模索の動きが続きそうだ。

 「行き止まりの標識だが・・・」
「この先行き止まり」という標識が出ていたら、通常の人はそこで引き返すだろう。でも、「未知の領域」というものは、ここからが勝負となる。人が踏み入れない前人未到の領域こそ、本当のノウマミがあるのだ。あの川口浩だって、そうだった。洞窟に率先して入り、数々の冒険を成功させてきたのだ。「あっ、そうか、カメラマンが先に入ってたんだっけ・・・」