黒岩の眼

「上方の窓上限に到達も、軸上向きは継続」

本日の日経平均は132.03円高の14693.57円で取引を終了した。朝方から買い先行となり、その後は上昇幅を拡大させる展開。買い一巡後は伸び悩む場面もあったが、総じて堅調な値動きとなった。
 日経平均の日足チャートでは、再び窓を空けて上昇。「窓理論」でも買いサインが点灯し、強気相場が継続していることを示唆している。やはり「軸は上向き」であり、上昇しやすい状況と言えよう。外部環境に何も変化がなければ、このまま上値模索の動きが続きそうだ。

 「行き止まりの標識だが・・・」
「この先行き止まり」という標識が出ていたら、通常の人はそこで引き返すだろう。でも、「未知の領域」というものは、ここからが勝負となる。人が踏み入れない前人未到の領域こそ、本当のノウマミがあるのだ。あの川口浩だって、そうだった。洞窟に率先して入り、数々の冒険を成功させてきたのだ。「あっ、そうか、カメラマンが先に入ってたんだっけ・・・」