黒岩の眼

DMP(3652)~16/8/10執筆

「ホームレス」は家がない人。「メイクレス」はメイクしていないように見せる人。それでは「ファブレス」は?――答え。工場を持たない会社のことである。

我々は、「〇〇レス」という言葉をよく耳にする。まさに「〇〇がない」という意味だが、会社のなかには、自社工場を持たないで、設計や開発だけを手掛けている企業がある。それを「ファブレス企業」と呼ぶ。DMPもその会社のひとつだ。

DMPの正式名称は「デジタル・メディア・プロフェッショナル」。ちょっと、長ったらしい名前だが、スゴイ技術を持っている。それは、我々がスマホやゲームなどで見かけるあの極め細やかで素早い映像である。

最近この企業がちょっと話題になった。それは、従来製品よりも性能が約6倍向上した画像処理の設計手法の提供を開始したからだ。まどろっこしい言い方になってしまったが、要は、映像がより美しく、速く、省電力で表示させる技術を開発したということである。もちろん、この会社は「ファブレス」であるため、実際にこういったモノを作ることはしない。あくまでも設計図を提供するのがお仕事。実際に、携帯電話やゲーム会社などのメーカーに採用されれば、そこからロイヤリティー収入が発生する仕組みだ。

そこで思い出すのが、先日、ソフトバンク(9984)が買収した英ARMという会社。この会社はまさに半導体ファブレス企業であり、同社の設計図が多くのスマホやゲームのCPU(中央演算処理装置)で採用されている。ある意味、寡占状態となっており、そこに孫さんが目を付けたというわけだ。将来、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、スマートロボットなどの時代になれば、必ずキーを握る会社になると・・・。だから、3.3兆円もの巨額資金を投じたのである。

なので、見方を変えれば、DMPは、「日本版ARM」という話になる。インテルやマイクロソフトのように決して表に出ることはないが、裏で「設計図」という重要なポストを握っている。もし、孫さんが、この優秀な企業の存在に気づけば、「ついでにDMPも買っとけ」という話になっても何ら不思議ではない。時価総額はたった70億円。決して「マネーレス」とは言わせない・・・。